ブログ

海外出張?

私ではありません(笑)

だって、事情により、飛行機が怖いですから(^_^;)

今回、出張してくれたのは、これです!

 

鰹節削り器です(^.^)

弊社では鰹箱と呼んでいます。

 

実は、この弊社の鰹節削りを 使って、韓国でワークショップを開いた方がいます!

NEXT KITCHENの中山晴奈さんです。

ソウルのオーガニックカフェ Cafe Slobbieさんにて、開催されました(^.^)

 

赤いエプロンが中山さんです。

テーマは「日本の夏の家庭料理」。

韓国の家庭料理との違いや、同じ点を体験する内容だったそうです。

 

鰹節は上手に削るには、削る方向などのコツがいります。

これが簡単そうで、なかなか難しい!(^_^;)

でも、とても丁寧に教えられているようです!

 

参加者の方もとても興味津々!

 

日本料理の一番の特徴は何だと思います?

そう!「ダシ」です。

鰹節は日本代表として、大切な役割をしています。

 

最後は参加者みなさんでパチリ!

 

弊社商品を使って頂いて、ありがとうございました!

実はこの話は去年に伺っていたのですが、

弊社のHPリニューアルが遅くなってしまい、

紹介がだいぶ遅れてしまいました……スミマセン(^_^;)

会場になったCafe Slobbieさんも当時の事を、ブログで紹介させています!(^.^)

後、お好み焼き作りもして、鰹節が活躍したみたいです!

 

聞いた事のある方もいらっしゃるかと思いますが、

昔、鰹節を削っている音で目が覚めたって話を良く聞きませんか?(^.^)

やった事がある方はわかると思いますが、

そんなに大きい音では無いのになぜでしょう?

実は、一節によると、鰹節のカビの部分に体の働きを活発にする、

 快楽成分が含まれているみたいなのです!

その成分が削った事により周りに分散し、寝ている人の鼻の中から体内に入り、

目覚めにつながったみたいなのです!

ただ、すぐに消えてしまう成分なので、削っている時だけに、

起こり得る事らしいです!(^o^)

まさに鰹節は元気の源ですね!!

 

実はちょうど一年前位に、私は地元のイベントで、

弊社の商品の物販をしていました。

その時に60代位の男性だったと思いますが、

弊社の鰹節削りを見て、

「今さら、こんなの流行らないよ!だから売れないよ!」

って言われました(-_-;)

どう思いますか?

日本の昔からの食文化を古いと言う60代の人がいる。

その一方で、日本の昔からの食文化を伝えようとする若い人がいる。

もし、前者が正しかったら、前回のブログで言ったみたいに、

「東京スカイツリー」にネーミングされていないはずですよね!

これからも弊社は、鰹節削りをしつこいくらいに作り続けたいと思います(笑)

日本の食文化を守り、伝える為に!

 

最後になりましたが、

写真を提供して頂きましたNEXT KITCHENの中山さん、

ありがとうございました!

 

 

Akira Oyanagi

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

ページトップへ